あなたの能力・経験・キャリア・プライド にふさわしい職を、最短で獲得する方法!

年収1200万から500万に!? まさかの転職失敗で人生が激変

抑えきれなかった不満

Fさんは49歳。

バブル時代に一流大学を卒業し、新卒で入社した一部上場企業一筋27年。

昇進は少し遅れ気味とはいえ、堅実な仕事ぶりで営業部門の1課長として部下をマネジメントする日々。

郊外に購入した一戸建ては20年以上ローンが残り、お金がかかる大学生の娘が2人います。

それでも、税込年収1200万円のFさんの家計には余裕があり、正月休みにハワイに揃って行くのが家族の楽しみでした。

ところが。

Fさんの部署が扱う商材は近年売れ行き不振で、何度もテコ入れが図られましたが、状況は改善しません。

会社は好調な事業に注力するためにその商材からの撤退を決め、Fさんの部署そのものもなくなることに。

そしてFさんは、係長として他部署への異動を打診されたのです。

Fさんは降格での異動話に反発し、また長年の評価の低さの鬱憤もあり、会社を辞める決断をしました。

家族は大反対しますが、Fさんは、

「だいじょうぶ、もっと評価してくれる会社に転職するから」

と、聞き入れませんでした。

思いがけない反応

Fさんも、中高年の転職が簡単ではないことは何となくわかっていました。

でも、一流大学卒で一部上場企業の管理職だった自分なら大丈夫と、高をくくっていました。

「27年もがんばってきたんだ。少しのんびりしてもバチは当たらないだろう」

Fさんは、転職関係の本を斜め読みしながら、趣味の磯釣りに出かける日々を満喫しました。

そして退職から2ヶ月後、Fさんは重い腰を上げて応募書類作りに取り掛かりました。

マニュアル本を手本にしましたが、過去の経験を思い出すのにも苦労し、履歴書と職務経歴書を何とか形にするのに1ヶ月かかりました。

案件紹介をもらうために、大手人材紹介会社のサイトに登録。すると、

今は紹介できる案件がない

とメールが返ってくるだけの紹介会社があることにびっくりしました。

それでもいくつかの紹介会社では面談から案件紹介に至り、上場企業の20社程度に応募依頼をしました。

「何社面接が入るかな!?」

Fさんは新卒時代を思い出してドキドキしながら待ちましたが、結果はなんと書類選考で全て落選

年齢が高い割に際立った営業実績がなく、退職理由も印象が悪く、英語も話せないFさんに対して、上場企業はシビアでした。

それだけはありません。

味方と思っていた紹介会社が、次第に案件紹介をしてくれなくなっていったのです。

こんなはずじゃなかった

焦ったFさんは、いろいろな求人サイトに登録し、大手企業の求人に片っ端から応募をかけていきますが、やはり面接の連絡は全く入りません。

そこでようやく自分の市場評価を理解したFさん。

中小企業でも良いところなら…」とターゲットを変更して、応募活動に励みました。

しかし…

面接はいくつか入ったものの、内定には至りません。

次第に目ぼしい求人も底をついてきます。

気がつけば退職して半年が過ぎていました。

退職金もあって当座の生活費に困ることはありませんが、落選が続き、家族の視線も気になり始め、Fさんは次第に追い込まれていきました。

そんなある日、Fさんは初めての内定を獲得します。

ある中小企業の営業課長のポジションですが、年収は前職の半分以下です。

500万…

半年前のFさんなら歯牙にもかけなかったでしょうが、今のFさんには他に選択肢がありません。

家族に話したところ、

「あんなに転職に反対したのに」
「ご近所に恥ずかしくて言えない」
「ローンは払えるの?」

と散々でしたが、その時のFさんには、転職活動を続けてももっと条件の良い転職ができる自信がありませんでした。

「あんな恵まれた会社を辞めるんじゃなかった」
「もっと転職活動について研究しておくべきだった」
「もっと早くから必死にがんばるんだった」

いろんな後悔を抱えながら、Fさんはその会社に入社することを決めました。

Fさんは年下の部長のもとで毎日深夜までがんばっていますが、家計は赤字で貯金を切り崩す日々。

専業主婦の妻にパートに出てほしいと、なかなか切り出せないFさんです。

立派なキャリアの持ち主ほど 転職に失敗しやすい3つの理由

「自分ならだいじょうぶだろう」

「他の人はともかく、それなりのキャリアを積んできた自分なら…」
「まあ、どうせそれなりの会社から声がかかるだろ」

上記のFさんのように思っているとしたら、あなたの転職活動は黄信号です。

なぜなら私の経験上…

 

そんな人ほど転職に失敗する確率が高い

 

からです。

その理由とは何でしょうか?

1.準備が手抜きになる

私はこれまで、有名大学・有名企業出身者を数多くサポートしてきました。

程度の差はあれ、ほとんどの人に共通するのが、

「自分ならこの程度の準備で十分だろう」

という、

過信」「油断

です。

彼らが見落としているのは、転職活動とは、

自分と類似のキャリアのライバルとの競争

だということです。

ライバルたちも、同じようなジャンルで優秀なキャリアを積んだ人ばかり。

そしてほとんどの場合…

与えられるイスは、たった1つ

実際には、

ハイキャリアな人ほどハイレベルな準備が必要

なのです。

2.相場を理解していない

中高年になって大手企業から転職する人

ほど要注意なポイントです。

彼らは、自分がどれだけ恵まれてきたかを理解していません。

年収も、福利厚生も、職場環境も…

転職とは、その恵まれた環境を飛び出して、裸になって市場に評価を問うことです。

しかし、彼らの多くは自分を過大評価しているので、市場評価とギャップが生じます。

そして年齢が高いほど

肥大した自己評価と市場評価のギャップは想像以上に大きくなります。

そのため、

「たった年収●●万?パス、パス」

そんなふうに、現実を理解せず、幻想を追い求めてしまうのです。

3.求人が無い!

そもそも、ある程度高いポジションの場合、

求人の数が非常に限られる

という現実があります。

1つ1つの会社組織、ひいては労働市場全体は、

ピラミッド

の構造になっています。

下層、つまり給料の安い実務担当者なら、いつでも大量に需要があります。

でも、マネジメントレベルが上がる程、ポジションは確実に減っていきます。

しかし、同世代の労働力人口は減るわけではありません。

つまり、レベルや年齢が上がるほど、見合うポジションに就けない人が増えていくのです。

「部長も今はただの人」

なんて。

その現実を理解せずに漠然と転職活動をしていると、ある日、

「もう応募先がない!!」

と真っ青になることになります。

転職失敗者を待ち受ける 3つの過酷な現実

「ウソだろ…」

あなたがもし転職活動に失敗した場合。

残念ながら、とても過酷な状況が待ち受けています。

しかも、あなたのキャリアが輝かしいものであるほど、失敗後の状況はより厳しくなります。

その厳しい現実とは…

1.ますます転職が困難に!

ひと度転職活動に失敗すると、リカバリーは困難になります。

たとえば、エージェントの態度が、手の平を返すように変わります。

条件がマッチした紹介案件にことごとく落選すると、あなたには、

採用されない人材

レッテルが貼られてしまいます。

積極的に案件を紹介してくれたのが、ウソのよう。

エージェントの関心は他の登録者に移ってしまい、次第に相手にされなくなります。

そして、失われた関心はまず復活することはありません。

 

また、あなたがすでに退職していたとしたら…

転職活動の長期化は、そのままブランクの長期化になります。

ブランクが半年も過ぎれば、

「なかなか採用されない人材」
「現場感覚が薄れた人材」

として、あなたのキャリア評価は急速に低下していきます。

そこから好条件の転職を果たすことは、非常に困難です。

2.経済的な問題が起こる

転職の失敗は、別の問題にも直結します。

ずばり、お金の問題です。

退職後に始めた転職活動に失敗して、失業期間半年、1年にもなったら…

その間の収入の損失は数百万円単位。

割増退職金でももらっていれば、当座は余裕があるかもしれません。

しかし、何とか手に入れた職の年収が、もし前職から

半減

したとしたらどうでしょう?

 

「そんなことあり得ない」?

大手企業からの転職では、十分にあり得る話です。

 

余裕があって豊かだった生活が一転。
住宅ローンや子供の学費の支払いに、ひたすら貯金を切り崩す日々が待っているかもしれません。

そうなれば、人生設計は大きな見直しが必要になってしまうでしょう。

3.プライドはズタズタに…

しかし、転職の失敗で最も辛いのは、

メンタル

かもしれません。

これまでのキャリアが、輝かしいものであればあるほど。

立派な会社で良い仕事をしてきた自分が、応募した会社から

要らない

と言われる日々。

応募先のレベルを下げても、一向に声はかからず、プライドはズタズタ。

尊敬してくれていた家族に対しても、面目は丸つぶれです。

知人・友人・近所の目も気になり始めます。

「自分は必要とされない人材なのか…」

まとい始めた「負のオーラ」は、ますますあなたの採用を遠ざけてしまうでしょう。

最短で理想の転職 実現する方法

順番を間違えると命取り!

大切なことなので、もう一度言います。

ひと度応募活動を始めて成果が出なかったら、リカバリーはとても困難です。

そして、ハイクラス転職を目指すあなたは、

最高の準備をして

応募活動に臨む必要があります。

別な表現をすれば、

あなたを採りたい理由を最大限用意する

ということです。

それが不十分なまま見切り発車をしたら…

悲劇が待ち受けていることは、すでにお話した通りです。

 

順番を間違えてはいけません。

 

まず企業の反応を最大化する準備を済ませて、それから応募活動に取り組むのです。

それさえできれば、大量に応募しなくてもスムーズに採用されます。
大量に応募して、たくさんの選択肢から転職先を選ぶことだって自由です。

全ては、応募開始前の「仕込み」にかかっています。

転職成功のカギは、ブランディング

問題は、

どうすれば企業の反応を最大化できるか

ということですね。

私は、その問題に対して完全な解答を用意できます。

一言で言えば、

あなたのキャリアをブランディングする

ことです。

ブランド」というと、バッグや宝飾品などをイメージするかもしれません。

しかし、ブランドの語源は自分の家畜を他人のものと区別するための「焼印」です。

ここで言う「ブランディング」とは、

他の応募者との違いを明確にし、あなたの長所を際立たせる

ことなのです。

それはすなわち、

あなたの市場価値を最大化する

ことに他なりません。

あなたのキャリアをブランディングすることができれば、企業の反応は「劇的に」変わります。

91%の受講者が2ヶ月以内に転職に成功!

申し遅れました。

私はブランディング転職プロデューサー和多田 保(わただ たもつ)です。

(→和多田の詳しいプロフィールはこちら

私は、キャリア・ブランディングによって、受講者を強力に転職成功に導く専門家です。

過去5年間において、

マンツーマンコンサルティングの受講者の91%が、
2ヶ月以内に転職に成功しています。

その多くが中高年など条件の厳しい受講者であるにも関わらず。

受講者の成果の一部を紹介すると…

4回目の転職を目指す51歳男性が4社最終面接に進み(うち2社は辞退)、内定2社獲得。総務部長職を得て年収は前職より150万円アップ。
中小企業の営業部長から大手企業を目指して在職のまま初めての転職にトライ。一部上場企業の営業課長として採用され、年収も50万円アップ。
脱サラして10年以上自営業に従事した43歳男性が、14社応募中実に8社書類選考を突破。苦手な面接も乗り越えて、大手企業から課長として採用。
外資系企業のマネージャーだった46歳女性がリストラに遭って退職。応募開始と同時に応募した第一志望企業から管理者候補としていきなり採用。
実に2年以上失業状態にあった42歳男性が、サポート開始後2ヶ月で2社内定獲得。失業前より50万円高い年収で経理課長として採用。
自営業に5年従事後、派遣社員として勤務する43歳男性が、応募約30社の中から3社内定を獲得。正社員になれただけでなく、課長として採用。
営業→カスタマーサポート→本社管理部門と一貫性の無い転職を繰り返していた38歳女性をサポート。応募開始早々に2社の内定獲得に成功。
6回の転職の後に脱サラ独立して失敗、無職となった49歳男性をサポート。応募開始から半月足らずで4社面接が入り、最初の会社から内定獲得、入社。

ブランディング転職メソッド が効果的な理由

「それってホントですか??」

私がサポート実績を紹介すると、そんな反応をする人が大半です。
転職市場を知っている人ほどそうです。

私自身、他のコンサルタントが同様の実績を紹介していたら、きっと同じように感じるでしょう。

しかし、上記の実績は紛れもない事実です。

私がそれだけのサポート実績を残せるには、いくつかの理由があります。

転職希望者から直接お金を頂くコンサルタント

1つは、私が転職希望者から直接お金を頂く、

独立の転職コンサルタント

であることです。

それも、けっして安くない金額です。

転職市場は、「無料支援」が当たり前の特殊な世界です。
人材紹介会社もハローワークも、求職者からはお金を取りません。

それは、求人企業や国からお金を受け取るからです。

ですから、仮に目の前の求職者が転職に失敗しても困りません。
あくまでも無料支援ですし、他にも支援を求める求職者はいくらでもいます。

 

しかし、私は違います。

目の前には、安くないお金を払って何とか転職したい必死の受講者のみ。
私が期待に添えず成果を出せなければ、お客さんも売上もなくなります。

受講者を転職成功に導くために、私は文字通り全力を尽くしてきました。

10年以上にわたって、

結果責任を伴うシビアな転職サポート

を行ってきたからこそ、実戦的なノウハウが蓄積できたのです。

究極の転職力とは「文章力

私が成果を出せるもう1つの理由。

それは、私が10年以上の編集者経験がある、

文章のプロ

であることです。

転職活動の厳然たる事実

それは、

企業があなたを評価・判断する材料は、あなたが提供するテキスト情報しかない

ということです。

少なくとも、面接で質疑応答の機会を持つまでは。

 

そして面接すら、事前に提出されたテキスト情報をふまえて行われます。

つまり、

テキストで自分の強み・魅力を効果的に伝える力

こそが、転職活動の成果を左右する最大のカギなのです。

「提供する情報を吟味し」
「わかりやすく惹きつける文章を練り」
「それを決められたスペースに収める」

私は出版社時代、その作業に日々全力で取り組んでいました。

そしてそれは、

応募書類作成と本質的にとても似通っている

ことに気づきました。

なぜなら、応募書類は、

限られた紙面や一定の制約下で自分の強みをわかりやすく伝え、理解させる

必要があるからです。

ー出版社で培った編集スキルを応募書類に応用するー

それによって、類を見ないほど強力な転職コンサルティングができるようになったのです。

ブランディング転職の真髄 紹介するセミナーを実施します!

あの時にこのメソッドに出会えていたら…

実は私自身、「アラフォー」の年齢の頃にビジネスがうまくいかずに、一度サラリーマンに戻ろうとしたことがあります。

すでに独立してから8年ほどが経っており、組織人としてのブランクの長さは否定しようがありません。

そして、年齢も中高年の域に達しており、さらには折悪しく「リーマンショック」の真っ只中でした。

つまり、転職の条件としては「三重苦」を抱えていたわけです。

しかし、バブル期の超売り手市場の就職活動しか知らなかった私は、自分の能力・スキルならそれなりの転職先を得られると楽観していました。

ところが…

転職活動の結果は惨憺たるものであり、大手企業はもちろん、名もない中小零細企業にもことごとく落選。

自己評価と市場評価のギャップの大きさに愕然としました。

しかし、10年以上コンサルタントとして経験を積んだ今ならわかります。

私に足りなかったのは、経験・スキルそのものではなく、それを表現し、評価させるスキルだったのだと。

もし今の私がサポートをしたなら、間違いなくあの時の自分の転職を成功させられたでしょう。

希望の職をスパッと手に入れましょう!

かつての私のように、

企業に貢献できる能力があるのに、望む職が得られず苦しんでいる人

に、自分にふさわしい職を手に入れてもらいたい。

自分に自信を持って、自分の経験・スキルを活かして生き生きと働いてもらいたい。

そんな一心でこれまで個別コンサルティングを行ってきました。

しかし、より多くの方に私のメソッドを知ってもらい、充実した職業生活を送って頂きたい。

そう考えて、そのエッセンスを惜しみなく公開するセミナーを実施することにしたのです。

その名も、

ハイクラス転職ファストパスセミナー

つまり、人気のアトラクションの前にできるような長蛇の列に並ばずに、

あなたの希望を満たす好条件の職を、誰よりも短期間で手に入れてもらう

そのノウハウを得て頂けるセミナー、ということです。

私には大したスキルも実績もないのですが…

もしかしたら、

自分にはブランディングされるほどのスキル・実績がない

と考える人もいるかもしれません。

しかし、それは考え方がです。

「強みが明確でない」「伝わりにくい」人ほど、キャリア・ブランディングが必要なのです。

心配は要りません。

あなたと同じキャリアの持ち主は1人としておらず、あなたのキャリアはオリジナリティにあふれています。

「No.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one」

そんな歌がありました。

掘り起こせば、必ずあなただけの印象的な経験やストーリーがあるはず。

それを取り出して巧みに調理するのです。

時には失敗経験すらブランディングの材料になり得ます。

世の中の転職者の99%はキャリアブランディングと無縁。
ですから、採り入れるだけでライバルの群れから一気に抜け出せます!

 

「私はスキルや実績には自信がある!」

そんなあなたがキャリア・ブランディングに取り組んだら、鬼に金棒です。
ぜひ最高の条件・仕事を手に入れましょう。

 

つまり、このブランディング転職メソッドは、

転職成功を目指す全ての人

にとって無くてはならないものなのです。

ハイクラス転職ファストパスセミナー の内容について

このセミナーで学べることは…

このセミナーで学べることの一部を紹介しましょう。

市販のマニュアル本に従って応募書類を作ってはいけない理由とは?
転職活動で許される合法的な「ドーピング」とは?
転職活動の成否の差額が1億円にも達した事例と根拠とは!?
転職市場に存在する6つのステークホルダーとその関係とは?
応募活動を始める前に必ず知っておくべき3つの数字とは?
転職成功までに誰もがクリアしなければならない5つのステージとは?
キャリア・ブランディングを構成する3つのステップとは?
キャリア・ブランディングを効果的にするための3つの●●とは?
応募書類に加えるだけで強烈に効果を発揮する差別化ツールとは?
「欲しい」と思わせる応募書類を作るための5つのポイントとは?
10年のコンサル経験で明らかになった転職成功者の共通点とは?
転職活動で失敗しないための「セオリー」の定義と役割とは?
転職のベストタイミングは?2020年以降に待ち受ける大きな変化とは?
転職活動の成否のカギを握る3つの「戦略的トリガー」とは?
退職が先か転職活動が先か、天国と地獄を分ける正しい転職戦略は?   など

どれも、あなたが希望の職へのファストパスを手にするために欠かせないものです。

このセミナーを受講したあなたには、転職成功の考え方・ノウハウが確実にインストールされていることでしょう!

このセミナーを受講することで…

そして、このセミナーで学んだことを転職活動に活かせば、あなたの未来は劇的に変わります。

取り組むべき順序や優先順位が明確になり、効率的な転職活動ができる
あなたの強みが明確になるので、自信を持って転職活動に臨める
あなたの強みが事前にしっかり伝わるので、面接に有利な状況で臨める
多くのライバルの中で独自のポジションを作れるので、選考が圧倒的に優位になる
転職成功まで最短距離で走れるので、活動コストが最小限で抑えられる
あなたの市場価値が最大化されるので、望み得る最高の待遇で採用される
多くの声がかかるので、その中から自分にとってベストな転職先を選べる
ベストな転職先を得ることで、家族から尊敬されメンツを保つことができる
ベストな転職先を得ることで、同僚や知人・友人から羨ましがられる
条件の良い転職先なため、精神的・物質的にゆとりのある生活が送れる
望む仕事・ポジションに就き、自尊心・プライドを持って充実した職業生活を送れる

こんな方に受講をお勧めします

ハイクラス転職ファストパスセミナーは、こんな方に受講をお勧めします。

あなたの現状を変え、理想の未来を得るための原動力となるでしょう。

早期退職・リストラ等で退職を余儀なくされた人
能力・経験には自信があるが年齢が高いため苦戦している人
将来の安定のために最高の条件で転職を果たしたい人
今の会社に不安・不満を抱えていて最短で転職したい人
すでに転職活動中だが成果が得られず改善方法がわからない人
初めての転職活動でどうすれば成果が出せるかわからない人
転職を重ねてきたために好条件の転職が難しくなっている人

ハイクラス転職ファストパスセミナー 受講の3つのポイント

1.自宅でリラックスして受講できる

当セミナーは、オンライン会議システム「ZOOM」を利用して行う、オンラインセミナーです。

ZOOMは無料でインストールでき、通信費用もかかりません。
自宅のパソコンで受講できますから、わざわざ遠くの会場まで出かける必要はありません。

ですから、大切なお金時間を節約できます。

また、平日夜もしくは週末に実施(不定期)しますので、お勤めの人も無理なく受講が可能です。

仕事帰りあるいは休日に、普段着でリラックスしながら受講することができます。

2.破格受講料で公開します

当セミナーの内容を活かせば、「活動期間の短縮」「採用条件のアップ」などが可能になります。

もしあなたの月収が30万円で、受講によって失業期間を1ヶ月短縮できれば、30万円の受講メリットがあることになります。

また、受講前よりも100万円高い年収の職を得ることができ、今後20年間勤務するとしたら…
その受講メリットは、100万円×20年=2,000万円にもなりますね。

でも、できるだけ多くの方に自分にふさわしい職を得て頂きたいので、当セミナーは受講メリットを度外視した低料金で提供します。

正直に言って、「受講しないことが損」になるセミナーです。

3.秘密の受講特典をプレゼント!

格安の受講料で受講できるだけではありません。

それに加えて、当セミナーの受講者だけに特別な受講特典を用意しています。
受講料の少なくとも10倍以上の価値がある特典です。

特典の内容は講座の中で紹介します。お楽しみに!

 

それでもまだ、あなたには受講しない理由がありますか?

最後にもう1つ。

3つのポイントと言いながら、もう1つお伝えすることがありました。

このセミナーの受講者にお約束できること。

それは、

ワクワクしてもらえること

です。

このセミナーでは、本当に大切なことを楽しく学んで頂くことができます。

それだけでなく、本当に効果的な転職活動を学ぶことができ、

希望の未来が手に入る

ことが確信できるからです。

私は、1人でもたくさんの人にこの「ワクワクする気持ち」を味わってもらいたいと思っています。

私自身もワクワクしています!

ハイクラス転職ファストパスセミナー の受講申し込み

【実施日時】

3月10日(10時開始 12時頃終了予定

【実施方法】

オンライン会議システムのZOOMを使って行います。

ZOOMはインターネットに接続されたパソコン(Windows/Mac問わず)があれば特別な機器は不要で、無料で利用できます。

受講料のご入金確認後に、具体的な受講方法をお知らせします。

ZOOMの概要を知りたい方は、こちらをご覧下さい。

【受講料】

5,000円(税込)
※3/6(水)までに申込の場合、特別料金 3,000円(税込)

※銀行振込・カード決済が選べます。実施前日までにご入金が確認できた方のみ受講頂けます。